2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校じゃ教えてくれない英語 Shit編 応用2

さぁ、そんなわけで、今日は、俺がいきなり始めた、「学校じゃ教えてくれない英語シリーズ」Shitの使い方の最終回です。




今回は、shit の、文章の中での使い方に注目してみたいと思います。




take a shit

まぁ、これはあんまりスラング的な使い方ではないのですが、一応、良く聞く表現なので、説明したいと思います。えー、単刀直入に言うと、ウ○コをするって意味です。w shitをcrapに置き換えても同じ意味として使うことが出来ます。また、poop(日本語でいうウ○チ的な言葉)は一語で、ウ○コするという意味があり、子供にはこの表現の方が適しています。

似た表現で、take this shit というのがありますが、これは日本語で言う、「これでも喰らえ!」的な物なので、ウ○コには一切関係ありません。w





shit=thing の表現

属に言う、「悪い言葉使い」において、thingをshitにおき換えて使う用法です。これは意識して使うというよりか感覚的に使う表現なのですが、四六時中言ってると回りのひとから白い目で見られると思うので(特に女の子は)まぁ、会話中で悪い物を意味する”thing” に限定して置き換えると良いと思います。

例)
Sorry. But I got so many things to do tonight, I can't to hung out with you.

Sorry. But I got so much shitto do tonight, I can't hung out with you.

訳)
わりぃ。でも俺今夜やるたくさんあるから、一緒に遊べそうにないわ。


こんな感じです。解りますかね?
まぁ、この会話の場合だと、やらなきゃいけない事のthingがshitに置き換えられることによって、やらなきゃいけない事=やりたくないけど、やらなきゃいけない事=宿題や家の手伝い という裏の意味を帯びるわけです。
とにかく、会話中のネガティブな意味を含むthingはshitに変える事で、そのネガティブな意味を強調することが出来ます。
まぁ、ただ単に汚い言葉を使う人は、良い悪い関係なくthing=shitで使ったりしますが、そういう使い方はお勧めしません。
何度も念を押すようですが、この手の言葉は時と場合と頻度に気をつけて使えるようにしましょう。




~like shitの表現

これはパターンを覚えるというよりも、使える表現そのものが限られてるので、それだけ覚えた方が、人が言ってるのを理解したり、自分で使いやすいと思います。

その限られた表現というのは、

feel like shit



treat ( ) like shit

ぐらいだと(個人的には)思います。
もちろん他の動詞と組み合わせることも出来ると思うのですが、この2つが一般的というか、良く聞くというか。。。

まぁ、直訳してもらっても意味は通ると思います。
くそみたいに感じる。。。くそみたいに扱う。。。はい。その通りです。w

前者は二日酔いとかで気分がめちゃくちゃ悪い時、
後者は不公平な扱いを受けて、嫌な思いをした時なんかに使えますね。


例)

I drunk too much. I feel like shit.

I hate that teacher. He treats me like shit.


訳)

飲み過ぎてくそ気持ち悪いわー。

あの先生まじでむかつく。偉そうに命令してばっかなんだよね。



こんな感じっすかね。
thing=shitの表現と同様、会話の内容が悪い事だったり、愚痴だったりすると、ぴったり当てはまる表現ですね。(というより、そういう内容のための表現と言った方が適切かもw)




scare the shit out of ~


これも一つの動詞としてひとまとめに覚えた方が解りやすい表現ですね。
意味は ~を驚かす。怖がらす。って感じなのですが、もっとスラング的で、日本語で言うと、めっちゃビビらす。って感じだと思います。

例)

He was in a creepy costume and came out from nowhere. That scared the shit out of me.

訳)

あいつ気味悪い格好でどこからともなくあらわれて、めっちゃビビったわぁ。





さ、こんな長文読んで疲れて来ましたか?w 
次が今日最後の表現です。w


give a shit


この表現は基本的にcare(気にする)と同じ意味でつかわれます。が、否定または疑問文の時のみ使う事ができます。
これも他の表現と同様、会話の内容がネガティブな時によく使われる表現です。たとえば、何か自分に都合の悪い事が起きて、本当はむかつくけど、強がって、「別にどうでも良いし。(気にしないし)」なんて言う時にはこの表現がぴったりです。

例)

She finally admited that she's been cheating on me. Well, I don't give a shit anymore though.

俺の彼女、とうとう今まで浮気してたこと認めたんよ。ま、もうどうでもいいけどね。



ちなみにこの表現はshitをdamn, fuckに置き換えて使う事もできます。単語そのものの強さ(悪さ?)によって、「気にしない」の意味の強さ(というよりも、実際にむかついてる度合い)が変わって来るような気もします。が、fuckは非常にややこしい言葉なので、なるべく使わないようにしましょう。(詳しくはこのシリーズのfuckの回でw)




はい、そんなわけで、今までながなが続けて来たshitの用法ですが、いかがでしたでしょうか?
ぶっちゃけ、このブログで紹介した他にもたくさんshitの用法はありますが、基本的にはこんなもんだと思います。
スラングを理解し、時には使ってみたりして、皆さんもナチュラルでフレンドリーな英会話ライフを満喫して下さい。w
スポンサーサイト

学校じゃ教えてくれない英語 Shit編 応用1

はい。てなわけで今日からが実用的なshitの使い方です。
まぁ、汚い言葉を使いたくない人にとって、実用的もなにも無いんですけどね。w
そういう人は、他の人が話してるのを理解するための知識として覚えておきましょう。w



さぁ。今日はshitを含むイディオムや短い表現を紹介していきたいと思います。




Piece of shit


簡単に言えばがらくた、ぽんこつ、使い物にならない物って意味ですね。役に立たない物や、壊れてしまったものにむかついてる時にこの表現はぴったしです。

例)

Jack: " Hey, isn't this airplaen model cool? It took me a whole week to build!"

Tom: " What? You spent that much time on this piece of shit? "


ジャック:「おい!この飛行機の模型かっこ良くね?完成すんのに一週間もかかったんだぜ!?」
トム:「はぁ? お前このがらくたにそんなに時間かけたの?」





Shitfaced

これは、べろんべろんに酔っぱらっているという意味です。普通、酔っているは英語で be drunkですが、それすら通り越して泥酔状態の事をshitfacedと言います。

例)

Jack: " I don't remember what happened at the party last night...."

Tom: " You got totally shitfaced and passed out on the floor"


ジャック:「昨夜のパーティーの事全然覚えてないんだけど。。。」
トム:「お前べろべろに酔っぱらって、床に倒れてそのまま寝ちまったんだよ。」





No shit!

これは、no way! とほとんど同じ意味で、誰かが信じられない事言ったときとか、ナンセンスな事言った時の、「うそぉ!?」「まさかぁ!?」ていうリアクションとして使えるのがこの表現です。普通にNo way! とかKidding me でも良いですが、No shit! だと、更なる驚きや、お前アホだろ!?的なニュアンスが含まれます

例)

Jack: " Your mom is kinda hot. I might ask her out sometime."

Tom: " No shit!!"


ジャック:「おまえのおかん結構可愛いじゃん!今度誘っちゃおっかなー。」
トム:「はぁ!?おま、何わけのわかんねーこと言ってんだよ!!?」





Holy shit

これは驚きを表すのにとても便利な表現です。
感動的な驚きでも、失望的な驚きでも、とにかくびっくりしたら、これを言っとけば間違いありません。w 
これは個人的な解釈なのですが、どちらかというと、視覚的な(実際見たものに対する)驚きに対してこの表現は使われている気がします。
holy shit でなく、holy crap という 言い方も出来るし、 holy caw, や holy moly など、同じ意味で汚くない表現というのもあるので、場合によって使い分けれるようにしましょう。

例)

Jack: " Dude! Check this out! I just found I'm bleeding from the back of my head!"

Tom: " Holy shit!! What did you do? "


ジャック:「おい!ちょっとこれ見ろよ!今気付いたんだけど、俺後頭部からめっちゃ出血してんの!」
トム:「はぁ!?お前何したんだよ!?」





Bullshit

これもholy shitと同様、とても良く聞かれる便利な表現です。
意味的には、ばかばかしい「嘘」「でたらめ」って感じで、よく使われる、That's bullshit! の表現では、日本語的に「そんなのでたらめだし!」「わけわかんねーよ!」「やってらんねー!」みたいなニュアンスを含みます。
といっても、怒っている時のみに使う表現ってわけでもないです。冷静に、「は?何いってんの?」や、あきれ果てて、「そんなわけないじゃん」みたいなノリでも使います。
又、この表現も、Bullcrapとcrapに置き換える事が可能です。

例)

Jack: " Sorry, but I don't think I can go to see your game tomorrow. My mom got sick and I need to take care of her "

Tom: " That's bullshit. I just saw your mom doing bench press at the gym "


ジャック:「わりぃ!明日のお前の出る試合見に行けそうもないわ!おかんが今病気で看病しなくちゃいけなくてさ!」
トム:「は?嘘つけ。俺さっきお前のおかんジムでベンチプレスしてるの見たぞ」





はい。というわけで、いろんな使い方が出来ますねー。
個人的にこういったスラングはとても面白いと思うんですが、皆さんはどうですか?

次回は更に、shitの使い方についての話をしたいと思うので、スラングを極めたいそこのあなたは要チェックです!!w





第三回に続く

学校じゃ教えてくれない英語 Shit編 基礎

はい。というわけで、学校では教えてくれない英語。
第一回目はShitです。

まぁ、第一回目って事で無難なとこを出してみました。w


まぁ、皆さんご存知の通り、shitは日本語でウ○コって意味ですが、(下品な表現ですいません/汗)
実際に会話で使われると、とても広い意味合いで解釈されることが多いです。
なので、Shitを口にするときは、自分はウ○コって言っているんだと意識しないようにしましょう。w
どんな言葉にしても、一つの意味に縛られていると、その言葉本来の意味合いが理解しにくいときがあります。
日本語に置き換えて考えるのではなく、あくまでも抽象的なイメージとして体に馴染ませていくのが自然な英語を覚える一番の近道だと思います。



Shit ~使用上の注意~

先ほど、この言葉を使う時は、ウ○コという意味を意識しない方が良いと言いましたが、それでもこの言葉は汚く、悪い言葉です。
Shit に限らずこの手の言葉は、感情表現や、侮辱や中傷に使われ、特定のテレビ番組では放送出来ない言葉として指定されています。
が、その反面、親しい仲でのごくごく普通の会話でも使わているのも事実です。
なので、日本人にとっては、どれくらい悪い言葉なのか解りにくく、不適切な場所で使ってしまうことも多いようですね。
とりあえず子供の前では絶対に口にしないように気をつけましょう。他にも初対面の人にや、フォーマルな場所での使用は控えた方が良いと思います。
あと、個人的には女の子がこういう言葉を頻繁に使ってるのを見ると、ちょっとひきます。w
日本語では存在しないタイプの言葉なので、説明しにくいのですが、
うまく使い分けが出来れば、ネイティブ的表現にぐっと近づけると思います!
最初は使う機会がなくとも、知識だけでも付けておきましょう!


Shit

形容詞:Shity
遠回し語(その言葉の使用が不適切だと思われる場所で代わりに使われる言葉)
:shoot



ー基本編ー


Shit!!


とっさの感情を表す時に一言。Shit!
Shitの一番良く知られている使い方ですね。
直訳すると「くそ!」です。w
単語のとしての意味と、使われた時のニュアンスが、英語と日本語両方同じなので、日本人が肌で覚えやすいスラングの一つではないでしょうか?

更に日本語的な表現だと、「あっ」「やべっ」「しまった」「あーあ」などに置き換える事が出来ます。
基本的に、落胆、焦り、いらつきを表す傾向があり、自分自身に対して言及する場合が多いのがこの表現の特徴です。


例えば、
朝起きて時計を見ると、もう授業が始まってる時間!
そんな時は腹の底から力を込めてshit!!

大事なTシャツにコーヒーをこぼしてしまった!
そんな時は慌ててとっさにshit!

テストの為に復習したら、全く内容を覚えていない!
そんな時は、ため息と共に、つぶやくようにshit....

とまあこんな感じです。w
大体のニュアンスはつかめたでしょうか?


ちなみに、このshitを一言で使う場合で、女性や子供など、shitという言葉を口にしたくない(出来ない)人は、shootという遠回し語を代わりに使う事があります。
他には、男性や女性に関わらず、shitよりも若干柔らかい(?)表現をしたい時はcrap(これも同じくウ○コという意味/w)という言葉を代わりに使う事もできます。



例文:

"Hey, did you finish your eesay yet? That's due tomorrow, right?"

"Shit! I totally forgot about it!"


「おい、お前もうエッセイ書いた?確かあれ明日提出だよな?」

「あぁ!やっべ!完璧忘れてた!」







第二回に続く

英会話始めました

最近いろんな人の、留学又は海外生活ブログを拝見させてもらっているのですが、
たくさんの人が、単語、イディオムや英会話等、とても役に立つ内容でブログを綴っているのを発見します。


そして、そのようなブログを見て、「へぇ~」と関心するたびに、自分に問いかけてみるのです。


「果して俺のブログは人の役に立っているのか??」と。


「やたら長い文章のわりにオチのたいしたこと無い駄文を”つっこみ”と名付けて公開しているだけではないのか?」と。


そして、「つっこみ一本に絞ると、ネタがいつか尽きてしまうのではないか?」と。



というわけで、夏も近づいてきたわけだし、


このブログでも ”英会話” 始めました。
(もちろんつっこみも並行してやってきます)


でも、他の人がやっているのと同じような内容では、
所詮二番煎じってやつになってしまいます。


というわけで、ここは自分がまだ学生であり、
つい最近までティーンネイジャーだった事を思う存分に活かし、



学校では教えてくれない英語



ってのをやっていきたいと思います。



まあ属に言うスラングとか、あとテレビ放送で言うと「ピー」が入るような言葉(カスワード)の正しい意味と使い方について説明して、若者らしい英語が話せるようになろう!というのが大体のコンセプトです。




まあぶっちゃけると、その手の英語は、知らなくても全然問題ない英語です!



でも本気で腹が立ったときや、本気で嬉しいときなど、本気で感情表現したい時はこういう言葉が便利だと俺は信じてます。



必然的に男っぽくて乱暴な表現になっていくと思うんで、興味のある人だけ読んで下さい。w



というわけで早速次回から始めてみようと思います。


乞うご期待です。

What's up~~?

(日本人)留学生がアメリカに来て、まず戸惑う言葉シリーズ!その1!


What's up? (音/わつぁ~っぷ)


いやぁ、日本人ならみんな、英語の挨拶は


トム:ハーイ!ハウアーユー?
ケンジ:アイム ファイン! センキュー! アンドュー?
トム:アイム ファイン! センキュー!


だと思うじゃないっすか??w
いやいやいやいや。
生の英語はそんなに生半可じゃない!!


ティーンネイジャーや、特にやろうどもの間では、
Hey! What's up?
が挨拶の基本です。


この、わつぁっぷ。
意味的には、最近どうよ?とか、なんかあった?とか、何してんの?的な意味を持つのだが、(俺のフィーリングによると)
留学したての留学生にとって、一番の難関が、
わつぁっぷに対して、なんて言って返事を返せば良いのか解らない!!



俺も実際、高校留学を始めた頃、友達にわつぁっぷと声をかけられる度に、
返す言葉が見つからずに、あたふたあたふた。
What's up? だから、I'm fine って返しても意味がおかしいし。
なんかあった?って、別になんもねーし。。。
でも、Yes/No はっきりしてるアメリカ人に対して、
なんもねーよって答えるのも失礼だよなぁ。。。
もぅ。折角トムとケンジのやり取り覚えたのに、全然役に立たねぇよぉ~。


ってな具合で、なんて返事していいのか解らない!

そしてある日、わからなすぎて軽くむかついて来た俺は、
試しに自分からわつぁっぷ?を言ってみて相手のリアクションを見てみる事にした!


俺:へい、わつぁっぷ?
友達:Nothing much, man~.



Nothing much man~~.



(別になんもねーよ。)




俺:うおいっ!!!



なんだよお前!別になんもないって、日本人みたいな発言は!!



そうなんです。
別になんもねーぜって返せば問題ないんです。
っていうか、むしろ、別になんもねーぜって答えが普通なんです。
ただの挨拶ってだけで、その言葉自体にほとんど意味がないので、
「え~?そんなこと言われても。。。最近何かあったかな~?」
なんて考える必要なんてないのです。


だから日本の英語の教科書は、留学生がアメリカへ来て最初の1、2週間をあたふたしないですむように、こんな挨拶のやり取りを掲載すべきです。

トム:Hey! What's up? Dude~
ケンジ:Not much men~ What's going on??
トム:Nothing~



一気にトムとケンジに新鮮さ(ダルさ?)が溢れかえってきましたね。w
これが生の英語です!


注)別に何か伝えたいことがあれば、別に「なんもねーよ」って答える必要もありません。w


おまけ)ジョージアの大学に通っている友達の話だと、一部の人の間では、What's up?を、上に何がある?的に解釈して、Ceiling! (天井だよ!)ってだじゃれで答える習慣もあるらしい。あっち方面に行った事の無い俺は、さすがジョージア。。。と思ってしまう。w

«  | HOME |  »

プロフィール

Hiroki

Author:Hiroki
♂(20)
高校2年次に一年間アメリカに留学。
帰国後高校を卒業し、今はワシントン州にあるコミカレでインテリアデザインを専攻中。

ランキング

ブログランキング

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

ブログサーチ
ブログ検索ならこのサイト☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。