2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車が無いならバスでいこう!

アメリカ。そう、車が無ければどこにも行けない国。それがアメリカ。
その代わりに、免許はものすごく安く、簡単に取れるのですが、
そうは言ってもやっぱり、お金のないビンボー留学生にとって、車はいろいろとお金がかかって大変です!




それじゃあ、車を買うお金が無くてピンチな日本人留学生は、どうやってスーパーまで食料を調達しにいけば良いのでしょうか?

1 車を持っている友達に頼む。

これが一番ですね。
でも、もしもそのお金が無くてピンチな日本人留学生に、友達もいなかったらどうすればいいのでしょうか?

2 バスを使う。

そう。アメリカの多くの地域で唯一見る事の出来る実用的な公共交通機関、それがバスなのです!
さっきも言った通り、アメリカは完全な車社会なので、公共の交通機関の発達は日本に比べて圧倒的に遅れています。例えば、日本で多くの人が通勤や通学で利用している電車も、アメリカでは大都市にのみで極地的に利用されている物であって、そこまでメジャーではありません。
そんな中、そこそこ大きな都市になら存在するバス!
今日はそんなアメリカのバスについてつっこんでみたいとおもいます。


まぁいくらアメリカで一番メジャーで、実用的な乗り物と言っても、日本のバスに比べると、ものすごくしょぼいアメリカのバス。

箇条書き形式でつっこんでいきたいとおもいます。





1 バス停に時刻表がない


アメリカでバス停っていうと、鉄のポールに路線番号の書いてある小さな標識がついているだけで、時刻表なんて親切な物は存在しません。
バスを利用する人は前もって、時刻表を手に入れないと、バスがいつ来るか解らない!
でもたまにしかバスを使わない、時刻表なんて持ってない人はどうすれば良いんですか?

自分もそんな人の一人で、
こないだ、久しぶりにバスに乗ったんですが、

30分待たされました。泣


軽いいじめですね。





2 次のバス停をお知らせしてくれない


日本のバスだと、俺の知っているのでは、電光掲示板みたいなやつ+車内アナウンスで次のバス停を知らせてくれますが、
アメリカのバスにはそんなシステムすら存在しません。(ロスで電光掲示版の設置されてあるバスに乗った事はありますが、かなり少ないです)

だから、降りるバス停が近づいてるかどうかは、自分の目で判断しなきゃいけない!

これも、バスに乗り馴れてる人なら、まあ問題ないと思いますが、
初めて乗る人は、運転手さんにちゃんと確認しなければならないんで、かなりめんどくさい!

アメリカのバスは初めての人にものすごい不親切な乗り物です。。。






3 降車を知らせるスイッチがしょぼい


日本のバスには各席の横にちゃんと降車ブザーを鳴らすスイッチが一個づつ設置されていて、どこにいようと簡単にスイッチを押す事が出来ますが、
アメリカのバスは、経費削減のためか、このスイッチがものすごくしょぼい事になっています。
まず、厳密に言うとあれはスイッチではありません。


ヒモです。


アメリカのバスのほとんどが、窓の上部辺りに張り巡らされているヒモを引っ張る事で降車のブザーをならします。
要するに、一個一個のスイッチを各席に付けるのではなく、ヒモを引っ張る事で、どこからでも一つのスイッチを押せるようにした感じなのがアメリカのバスなのです。(わかるかな?)

バスって言うと、あの人差し指で押すようボタンを連想してしまうので、
始めてこっちでバスに乗った時は、


え?何??これ??引くの??? って感じでした。w







まあ、そんな感じで、ぶっちゃけ不便です!アメリカのバスは!!
俺も早く車買おうと思います!うん。やっぱりそれが一番!
スポンサーサイト

コメント

何かヒモ引くって恥かしい…笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://herowkey.blog64.fc2.com/tb.php/15-cb8f6ea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Hiroki

Author:Hiroki
♂(20)
高校2年次に一年間アメリカに留学。
帰国後高校を卒業し、今はワシントン州にあるコミカレでインテリアデザインを専攻中。

ランキング

ブログランキング

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

ブログサーチ
ブログ検索ならこのサイト☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。