2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスが嫌なら車で行こう!

はい。
というわけで、昨日はアメリカのバスについて話しましたが、
結局車の方が良いよ!っていう結論に至ったので、今日は逆にアメリカの車社会についてつっこみたいと思います。



まず、アメリカでは車の必要性に応じてか、免許を取るのがものすごく安くて簡単!
つい1、2ヶ月前、俺もついに免許をとったのですが、その安さと簡単さは身をもって体験済みです!(テストの仕方や費用等は、州ごとによって違います。これからの話は全てワシントン州での話です。)




まず、アメリカには教習場なんて物ありません!



厳密に言うと、ドライビングスクールらしきものは存在するらしいですが、
義務ではないし、そういう機関を利用したとしても、費用は日本に比べて格安。

あと、俺が留学してた高校では、免許を取るクラスたるものがあったので、学校でとることも出来るみたいです。



といっても、やっぱりほとんどの人は自分で交通ルールや運転の仕方を勉強するわけですが、俺も実際にやった、一番スタンダードな免許の獲得法を紹介したいと思います。



1 学科試験のための勉強

はい。というわけで、まずは学科の勉強をしなければいけません。
で、その方法は?というと、
まず、免許の発行をしている公共機関があるので、そこへ行って、交通ルールの書いてある小さな冊子を無料でもらって来ます。

まあ、それを自分で勝手に読んで、勉強するわけですが、

この小冊子がまた面白い。
既に知っているような事から、知っていても全く意味のない事まで満載の内容。
信号機の見方や、何故脇見運転をしてはいけないのか?等の下らない事までカバーしてくれるなんとも手厚く、親切なガイドブックです。

これを各自読んで、それなりに記載されている内容を覚えたと思ったら、今度は免許発行機関に学科試験を受けにいきます。



2 学科試験

一回につき20ドルで、一回落ちたら二回目はタダで受けられるシステムでした。(二回目で落ちると更に費用がかかるみたいです)


はい。格安です。


テストは全て4択問題。確か25問中20問以上正解で合格で、
英語を母国語として話さない人の為に、さまざまな言語でテストを受けることが出来ました。


まあ先ほど、ガイドブックの内容を散々ばかにしてたぐらいの俺です。
そのガイドブックの内容に合わせて作られている、全て4択のテストなんて超楽勝。
しかも、念には念を押すために、日本語でテストを受けました。
落ちるなんてありえません。


と受ける前はそう思っていました。
しかし。。。


一回目不合格!



原因は油断のしすぎか、ただ単に俺が馬鹿なだけだと思います。


まあ何はともあれ、次、二回目受けたときはさすがに受かりましたよ。
でも、一回目落ちたのは、人生の汚点として一生俺の中に残ると思います。w





3 運転練習

学科試験を合格すると、公道運転練習許可証たる物が発行されます。
ぱっと見普通の免許と変わらないくらい立派なものなのですが、
まあ、その許可証があると、免許を既に持っている人の同伴で、公道での運転練習を勝手にする事が出来るというものです。


俺の場合は、最初、1時間くらい駐車場で慣らした後、いきなり公道デビューしました。
いやあ、ぶっちゃけ怖かったです。
え?日本じゃ皆何十時間も練習した後公道出るんじゃないの~?みたいな感じで。
ビビリでした。

が、最初の練習で、普通にドライブスルーで飯が買えるくらいにまでは上達出来ました。



4 運転試験


さぁ、念願の免許を取るための最後の関門がこの運転試験です。
この運転試験は、自分が十分に練習出来たと思った後、学科試験を受けたのと同じ免許発行機関で、事前にアポを取って受ける事が出来ます。
車は自分で持参。費用は確か、一回30ドルぐらいだったと思います。


俺の場合は、一回練習した後、まったく練習していなく、でもすぐにでも免許が欲しかったので、
運転試験のアポを先に取ってしまい、試験当日前の3日間で思いっきり詰め込むという

荒技に出てみました。



1日、2、3時間程度。三日間。合計10時間にも満たない時間で、
練習につきあってくれた友達のアドバイスを聞き、試験に使われるのと近いコースと内容をシュミレーションして練習しました。


そして試験当日。
無難に乗りこなし、結果



合格!



いくつか減点を喰らい、100点満点中82点。
80点が合格ラインなので、かなりぎりぎり。。。



でも、合格!!




試験官の人: はい。なんとか合格でーす。これもってカウンター行って、写真取ってきてくださーい。これからも安全運転で運転して下さいねー。




俺: え?良いんですか??





その後、免許発行用に20ドルくらい払い、写真を撮り、晴れて免許をゲットしました。



合計費用70ドル(7000円)程
費やした時間の合計(勉強+練習) 10時間弱



そして免許ゲット!!!




いやぁ。これじゃあ事故も多いわけだ!!w
スポンサーサイト

コメント

安っ(゚Д゚)

僕も早く免許取りたいなぁ~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://herowkey.blog64.fc2.com/tb.php/16-dfb10fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Hiroki

Author:Hiroki
♂(20)
高校2年次に一年間アメリカに留学。
帰国後高校を卒業し、今はワシントン州にあるコミカレでインテリアデザインを専攻中。

ランキング

ブログランキング

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

ブログサーチ
ブログ検索ならこのサイト☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。