2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニセフの矛盾

えー。すいません。
昨日高らかに、明日から俺も英会話ネタで行きます!って宣言したのは良いものの、
ちょっと課題に追われ、ちゃんと準備している時間がありませんでした!
(なんでも始める前にとりあえず宣言するタイプなんで、、、/汗)



なので、今日はまたつっこみネタでとりあえずつないどきたいと思います。w






これは高校留学をしていた時の話です。



ある日、学校から帰宅後、いつものようにポストをチェックすると、
ユニセフからのダイレクトメールっぽいものが届いていました。



そのダイレクトメールがちょっと変わっていて、
封筒の表面に、透明なセロファンで出来た小さな窓があって、
そこから、封筒の中にニッケル(5セント硬貨)が同封されているのが見えたのです。




なんだろう?と思って
封筒を開けてみると、








このニッケル(5セント硬貨)で恵まれない子供1人の命を救う事が出来ます!! 募金にご協力ください!!












俺:。。。。。。













いや、救えるんならこのニッケル使えよ!!


















もう面白過ぎて独りで爆笑してしまいました。
まさかユニセフがそう攻めてくるとは思わなかった。w





その後、同封されている文章を読むと、なんかの予防注射だか何かだかが、1本5セントで買えて、だから5セントの募金でも子供の命を救うことが出来るとのこと。
で、まあ全体的に、




振込等での募金にご協力お願いします!恵まれない子供達に愛の手を!!





って感じにまとめられてました。















俺:いやだから、だったらてめえのニッケルで命救えよ!!









ちょ?ユニセフさん??なに同封しちゃってるんすか?
そんな、実物入れてくれなくても、5セント硬貨がどんなのかぐらい知ってますよ!!

そんなお金必要なら、このニッケル使って下さいよ!!!






はい。
てなわけで実に面白いですねー。

もしもあのダイレクトメールが100万世帯に送られていたとしたら、
約500万円分のニッケルが送られたってことですからね。






いやぁ。相当金余って困ってるんでしょうなー。ユニセフさんは!!!













っていうのは、意地の悪い解釈の仕方ですね。w






まあ、普通に考えてニッケル同封は、あくまで広告としての宣伝力を高めるための、ユニークな手段ってだけだと思います。




実際、封筒にニッケル入ってただけで、こんなに食いついてる人間がここにいるわけで。。。w









多分、このダイレクトメールを受け取った人は、



おいいぃ!5セントで命救えるんなら、同封しないでこれ使えよ!!
もう、何やってるんだよーユニセフはぁ!まったく。。アホだなぁ。。。
このニッケルが現地で使われなかったがために命を落とした子がいたらどうするんだよ!!
。。。
。。。

ったく仕方ないなぁ。募金してやるか、、、
っつても5セントだけ募金するのもなんだし、少し多めに募金するか。。。




ってなるんだと思います。
それを狙って作られたダイレクトメールなんだと思います。。。










いやぁ。ユニセフさんもなかなかやりますなぁ。w


スポンサーサイト

コメント

うけますねwww

Shitの使い方、面白いですね♪

Shitの使い方、面白いですね♪
こう言う生きた英語は日本のスクールでは教えてくれません。
楽しいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://herowkey.blog64.fc2.com/tb.php/25-e8037bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Hiroki

Author:Hiroki
♂(20)
高校2年次に一年間アメリカに留学。
帰国後高校を卒業し、今はワシントン州にあるコミカレでインテリアデザインを専攻中。

ランキング

ブログランキング

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

ブログサーチ
ブログ検索ならこのサイト☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。