2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ式挨拶!

よく、アメリカと日本の文化の違いの代表として多くの人が思い浮かべるのが、
両文化の「挨拶」(グリーティング)の仕方の違い。
まぁ簡単に言えば、日本人がお辞儀をするのに対して、アメリカ人は握手やハグといった方法で挨拶するというのが、一般的な概念だと思います。
でも、いくら日本人だからって、朝、学校で友達とあった時、お辞儀して挨拶はしないですよね?w
それと同じで、アメリカの一般的な挨拶の仕方にも、日本人が抱くイメージと違うところが若干あります。
というわけで、今日はアメリカの本当の挨拶の仕方について話したいと思います。









まず、握手。

初対面の挨拶で「初めまして」の握手は、
日本のと同じ、ごく普通の握手です。

まぁ、アメリカ人(特に男の人)は

握手の時ものすごく力強く握る

という特徴がありますが、
それは置いといて、、、






アメリカでは、友達の間での日常的な挨拶にも握手をします。


日本で言えば、
朝学校で、その日始めて友達を見かけた時、「お早う」っていいながら手を降るのと同じノリで

握手をするのです。





この握手。
比較的若者、そして、男同士の間で盛んに行われるのですが、







普通の握手とはかなり違います。








というか、地域、人種、所属等様々な要素によって、




いろいろなパターンがあります。

















今日は一番基本的なパターンを紹介。






1手をパーにして、肩の高さくらいまでに持ち上げて、握手をするっぽく構える


2握手をする


3そのまま指相撲をするときのポジションに手をスライドさせながらもっていく


4そして手を自分の体の方に引きながら、相手の指を弾く感じで手をはなす。




。。。。。















てか、これ、文章で説明すんのめっちゃムズイ。。。。orz
















とりあえず、長嶋監督的に説明すると。。。





握手して、ズルッとずらして、ためて、ためて、パシッ!





こんな感じっすかね?w












まぁ、日本でしたことがない握手だってことは確かです。

むしろあれを握手とよんで良いのかどうかすら定かじゃない。w

でも、あの握手、初めてした(させられた)時はマジで戸惑いました。。。

一生懸命説明してくれるのに、もう何をさせたいんだかさっぱり。。。w
















てか、こんなん思いついたの誰だよ!?












と、なげきたくなるくらい、なんだかややこしい握手。



次回はそんなややこしい握手のさらにややこしいパターンを紹介したいと思います。
乞うご期待☆




スポンサーサイト

コメント

はじめまして。

面白いです。

たしかに同感です。おなじようなサブジェクトの記事をかいてるので、

コメントさせていただきました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://herowkey.blog64.fc2.com/tb.php/33-c8d6bd2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Hiroki

Author:Hiroki
♂(20)
高校2年次に一年間アメリカに留学。
帰国後高校を卒業し、今はワシントン州にあるコミカレでインテリアデザインを専攻中。

ランキング

ブログランキング

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

ブログサーチ
ブログ検索ならこのサイト☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。