2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスが嫌なら車で行こう!

はい。
というわけで、昨日はアメリカのバスについて話しましたが、
結局車の方が良いよ!っていう結論に至ったので、今日は逆にアメリカの車社会についてつっこみたいと思います。



まず、アメリカでは車の必要性に応じてか、免許を取るのがものすごく安くて簡単!
つい1、2ヶ月前、俺もついに免許をとったのですが、その安さと簡単さは身をもって体験済みです!(テストの仕方や費用等は、州ごとによって違います。これからの話は全てワシントン州での話です。)




まず、アメリカには教習場なんて物ありません!



厳密に言うと、ドライビングスクールらしきものは存在するらしいですが、
義務ではないし、そういう機関を利用したとしても、費用は日本に比べて格安。

あと、俺が留学してた高校では、免許を取るクラスたるものがあったので、学校でとることも出来るみたいです。



といっても、やっぱりほとんどの人は自分で交通ルールや運転の仕方を勉強するわけですが、俺も実際にやった、一番スタンダードな免許の獲得法を紹介したいと思います。



1 学科試験のための勉強

はい。というわけで、まずは学科の勉強をしなければいけません。
で、その方法は?というと、
まず、免許の発行をしている公共機関があるので、そこへ行って、交通ルールの書いてある小さな冊子を無料でもらって来ます。

まあ、それを自分で勝手に読んで、勉強するわけですが、

この小冊子がまた面白い。
既に知っているような事から、知っていても全く意味のない事まで満載の内容。
信号機の見方や、何故脇見運転をしてはいけないのか?等の下らない事までカバーしてくれるなんとも手厚く、親切なガイドブックです。

これを各自読んで、それなりに記載されている内容を覚えたと思ったら、今度は免許発行機関に学科試験を受けにいきます。



2 学科試験

一回につき20ドルで、一回落ちたら二回目はタダで受けられるシステムでした。(二回目で落ちると更に費用がかかるみたいです)


はい。格安です。


テストは全て4択問題。確か25問中20問以上正解で合格で、
英語を母国語として話さない人の為に、さまざまな言語でテストを受けることが出来ました。


まあ先ほど、ガイドブックの内容を散々ばかにしてたぐらいの俺です。
そのガイドブックの内容に合わせて作られている、全て4択のテストなんて超楽勝。
しかも、念には念を押すために、日本語でテストを受けました。
落ちるなんてありえません。


と受ける前はそう思っていました。
しかし。。。


一回目不合格!



原因は油断のしすぎか、ただ単に俺が馬鹿なだけだと思います。


まあ何はともあれ、次、二回目受けたときはさすがに受かりましたよ。
でも、一回目落ちたのは、人生の汚点として一生俺の中に残ると思います。w





3 運転練習

学科試験を合格すると、公道運転練習許可証たる物が発行されます。
ぱっと見普通の免許と変わらないくらい立派なものなのですが、
まあ、その許可証があると、免許を既に持っている人の同伴で、公道での運転練習を勝手にする事が出来るというものです。


俺の場合は、最初、1時間くらい駐車場で慣らした後、いきなり公道デビューしました。
いやあ、ぶっちゃけ怖かったです。
え?日本じゃ皆何十時間も練習した後公道出るんじゃないの~?みたいな感じで。
ビビリでした。

が、最初の練習で、普通にドライブスルーで飯が買えるくらいにまでは上達出来ました。



4 運転試験


さぁ、念願の免許を取るための最後の関門がこの運転試験です。
この運転試験は、自分が十分に練習出来たと思った後、学科試験を受けたのと同じ免許発行機関で、事前にアポを取って受ける事が出来ます。
車は自分で持参。費用は確か、一回30ドルぐらいだったと思います。


俺の場合は、一回練習した後、まったく練習していなく、でもすぐにでも免許が欲しかったので、
運転試験のアポを先に取ってしまい、試験当日前の3日間で思いっきり詰め込むという

荒技に出てみました。



1日、2、3時間程度。三日間。合計10時間にも満たない時間で、
練習につきあってくれた友達のアドバイスを聞き、試験に使われるのと近いコースと内容をシュミレーションして練習しました。


そして試験当日。
無難に乗りこなし、結果



合格!



いくつか減点を喰らい、100点満点中82点。
80点が合格ラインなので、かなりぎりぎり。。。



でも、合格!!




試験官の人: はい。なんとか合格でーす。これもってカウンター行って、写真取ってきてくださーい。これからも安全運転で運転して下さいねー。




俺: え?良いんですか??





その後、免許発行用に20ドルくらい払い、写真を撮り、晴れて免許をゲットしました。



合計費用70ドル(7000円)程
費やした時間の合計(勉強+練習) 10時間弱



そして免許ゲット!!!




いやぁ。これじゃあ事故も多いわけだ!!w

車が無いならバスでいこう!

アメリカ。そう、車が無ければどこにも行けない国。それがアメリカ。
その代わりに、免許はものすごく安く、簡単に取れるのですが、
そうは言ってもやっぱり、お金のないビンボー留学生にとって、車はいろいろとお金がかかって大変です!




それじゃあ、車を買うお金が無くてピンチな日本人留学生は、どうやってスーパーまで食料を調達しにいけば良いのでしょうか?

1 車を持っている友達に頼む。

これが一番ですね。
でも、もしもそのお金が無くてピンチな日本人留学生に、友達もいなかったらどうすればいいのでしょうか?

2 バスを使う。

そう。アメリカの多くの地域で唯一見る事の出来る実用的な公共交通機関、それがバスなのです!
さっきも言った通り、アメリカは完全な車社会なので、公共の交通機関の発達は日本に比べて圧倒的に遅れています。例えば、日本で多くの人が通勤や通学で利用している電車も、アメリカでは大都市にのみで極地的に利用されている物であって、そこまでメジャーではありません。
そんな中、そこそこ大きな都市になら存在するバス!
今日はそんなアメリカのバスについてつっこんでみたいとおもいます。


まぁいくらアメリカで一番メジャーで、実用的な乗り物と言っても、日本のバスに比べると、ものすごくしょぼいアメリカのバス。

箇条書き形式でつっこんでいきたいとおもいます。





1 バス停に時刻表がない


アメリカでバス停っていうと、鉄のポールに路線番号の書いてある小さな標識がついているだけで、時刻表なんて親切な物は存在しません。
バスを利用する人は前もって、時刻表を手に入れないと、バスがいつ来るか解らない!
でもたまにしかバスを使わない、時刻表なんて持ってない人はどうすれば良いんですか?

自分もそんな人の一人で、
こないだ、久しぶりにバスに乗ったんですが、

30分待たされました。泣


軽いいじめですね。





2 次のバス停をお知らせしてくれない


日本のバスだと、俺の知っているのでは、電光掲示板みたいなやつ+車内アナウンスで次のバス停を知らせてくれますが、
アメリカのバスにはそんなシステムすら存在しません。(ロスで電光掲示版の設置されてあるバスに乗った事はありますが、かなり少ないです)

だから、降りるバス停が近づいてるかどうかは、自分の目で判断しなきゃいけない!

これも、バスに乗り馴れてる人なら、まあ問題ないと思いますが、
初めて乗る人は、運転手さんにちゃんと確認しなければならないんで、かなりめんどくさい!

アメリカのバスは初めての人にものすごい不親切な乗り物です。。。






3 降車を知らせるスイッチがしょぼい


日本のバスには各席の横にちゃんと降車ブザーを鳴らすスイッチが一個づつ設置されていて、どこにいようと簡単にスイッチを押す事が出来ますが、
アメリカのバスは、経費削減のためか、このスイッチがものすごくしょぼい事になっています。
まず、厳密に言うとあれはスイッチではありません。


ヒモです。


アメリカのバスのほとんどが、窓の上部辺りに張り巡らされているヒモを引っ張る事で降車のブザーをならします。
要するに、一個一個のスイッチを各席に付けるのではなく、ヒモを引っ張る事で、どこからでも一つのスイッチを押せるようにした感じなのがアメリカのバスなのです。(わかるかな?)

バスって言うと、あの人差し指で押すようボタンを連想してしまうので、
始めてこっちでバスに乗った時は、


え?何??これ??引くの??? って感じでした。w







まあ、そんな感じで、ぶっちゃけ不便です!アメリカのバスは!!
俺も早く車買おうと思います!うん。やっぱりそれが一番!

アメリカ式トイレ!?

アメリカの学校やモールなどの公共施設にあるトイレ。
アメリカ人の性格にならってか、めちゃくちゃオープン

初めて使う日本人の人はびっくりすると思います。


というわけで、今回はアメリカのトイレについてつっこみたいと思います。


まず、そういった公共施設のほとんどのトイレの個室は、ドアと床の間に4、50センチくらいのスペースがあります。
ドアがドアとして機能するぎりぎりの高さです。
故に入ってる人の足は間違いなく見えるので、
使用中かどうか一発で判断できるのは便利なのですが、

自分が入ってみると、これがなかなか落ち着かない

まったく個室に入っている気がしない!


「何か下の方がスースーするよぉ。。。」って感じ。


そわそわしてしまって、人気が気になる人はまずようをたすどころじゃないでしょう。。。




そしてそれに付け加えて、たまに見るのが、ドアと横の壁の隙間が若干広い個室!
多分1.5~2センチくらい?とにかくその隙間から外の様子が伺える程広い!
俺のいってる学校のトイレがそうなのですが、


こないだ自分が入ってるときに、ドアの前を通りがかった人と目が合いました!


いやーなんともいえない気まずさでしたね。


足元は良いとしても、そこから上に隙間は必要ないだろ!?


トイレの個室にそんなチラリズム的要素を持ち込まれても困るっつの!(日本人として)


いくら何でもオープンすぎだと思います。





そして極めつけ。
男の人のおしっこする方のトイレ。
まぁ、便器と便器の間にしきりが無いのくらいは許せます。
でもたまに、便器がお椀型みたいな奴があるんですけど、
それには、普通腰の高さくらいまである、便器本体の横のふち的な部分すら無いので、


腰元がすっごいオープン!


なんか軽く立ちしょんしてるみたいな感じで、
妙な違和感を覚えます。




まぁ、アメリカ人にとっては普通なんでしょうけど、
日本人は最初、ちょっと堪え難い感が否めないと思います。
こればっかりは、俺もなかなか慣れれないアメリカの習慣なのでした。

日本語がお好き?2

今日も前回に引き続き、アメリカで見た面白い日本語入りTシャツ+その他を紹介したいと思います。



これは最近はあまり見なくなりましたが、
中学生で初めてアメリカに来た時よく見た、


漢字が一文字入った帽子!



これがなかなかおもしろくて、




とか



とか

結構ぶなんなやつに混じってたまに


猫!!


とか

熊!!


とか動物もんをよく見ました。


んで一番ウケたのが





鶏!!



鶏=チキン=臆病者!!??



その帽子をかぶってるやつを見かけたときに、
友達が、「おい、あいつの帽子の字、何て意味だよ?」と聞いて来たので
「チキンだよ」って普通に答えたら、一同爆笑。
ようするにCHICKENって文字入った帽子かぶってるのと同じことですからね、
これはかなりウケます。


でも今考えてみると、動物の漢字は、スポーツチームのマスコットの動物を表してたのかなぁとも思えます。日本野球で言うタイガース(虎)とか、スワローズ(燕)みたいな感じで。まあ、ただの憶測ですが。。。



さて、次に紹介するのはTシャツなのですが、
残念ながらまだ着ている人を見た事はありません。
でも売られてるのを見た事があります。


見た瞬間爆笑。


個人的にはかなり好きです。




そのTシャツ



真っ白な地に



太く、力強い筆字で、







巨根!!!!



(下ネタでごめんなさい/w)



いやぁ。
かなりやられたと思いました。w
そう来られたら切り返しようがないっすからね。



前に話したオタクTシャツじゃないですが、アメリカ人はこのTシャツも意味をわからないで着るのかなぁと思うと、笑えます。
意味もわからず着て、初めて話した日本人に、このTシャツの文字なんて意味?とすかさず質問したりしちゃうんでしょうね。w

いつかアメリカ人の友達にそれを着せて、一緒に日本に行くのが俺のささやかな夢です。w

日本語がお好き?

日本で売られているTシャツに入っているわけのわからん英語はかなりウケますが、
たまにこっちで見かける日本語の入ったTシャツを着ているアメリカ人はさらにつっこみがいがあります。w


そこで今日は、俺がこれまで実際に誰かが着ているのを見た、おもしろい日本語入りTシャツを紹介したいと思います。



まず、NYCで黒人の人が着ているのを見た


「日本人彼女募集中」のTシャツ



まあ日本語で書かれていれば、日本人はすかさずリアクションしてしまうので、これはある意味実用的なTシャツかもしれません。w


しかし、ちゃんと日本をイメージしてか、


日本人彼女
  
 募集中


とまんなかに日の丸が入っているのですが、




Tシャツの地がクロ!




黒いバックグラウンドに生える赤い日の丸。そして白い文字で「日本人彼女募集中」。。。
なんとも不気味なTシャツです。






次は、最近結構良く見る


「オタク」の文字入りTシャツを着ている方々!!!




いや、そんな堂々とオタク自称すんなよ!!




マジでわかりません。


どこでどうやってオタクTシャツがアメリカにたどり着いたのか、、、


最初は日本人が冗談で着せてるんだろうといました。
しかし、



Hot Topicで何パターンか実際売られているのを発見!





日本語がかっこ良く見えるのはわかるけど、何でオタクなんだ??
日本のアニメ関連の言葉で、かっこいい言葉と勘違いしているのだろうか??
友達から聞いた話だと、彼らはその言葉の正確な意味を知らずに着ているらしいです。。。


日本人からしてみれば「僕オタクです」って言っているようにしか見えないっすからね。
ボクオタクですって言っているようにしか見えない結構かっこよめのアメリカ人。。。。
マジでウケます。w


とりあえず外人さんがそのオタクTシャツを着て日本に来たら、日本人の女の子がFuck meって文字の入ったTシャツ着てアメリカに来るのと同じくらい面白いことになりそうです。。。w



(次回に続く)

«  | HOME |  »

プロフィール

Hiroki

Author:Hiroki
♂(20)
高校2年次に一年間アメリカに留学。
帰国後高校を卒業し、今はワシントン州にあるコミカレでインテリアデザインを専攻中。

ランキング

ブログランキング

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

ブログサーチ
ブログ検索ならこのサイト☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。